基礎レベル

お久しぶりです。

気がつけば、まともに書くの数ヶ月ぶり。

今日から、ちょいちょい再開します。

では、復帰第一弾。

キャンドルを習い始めの頃、マーブルキャンドルが好き過ぎて、マーブルだけをガムシャラに制作していた時期がありました。

当時のキャンドルノートを見ると

・気泡を飛ばすためのポイント
・各添加剤で制作したときの実験結果
・液体染料を使うとガラッと表情が変わる
・ホイップは基本しない
・素早さよりも状態キープ
・モールドの高さも大事
・カニ泡がポイント

その時その時で気づいたことが沢山書いてあって、今思えば「それは違うだろ!笑」っていうことも赤ペンで書いてあったりするけど、当時は当時で必死こいて制作してたみたいです。

新しい技法発案が評価対象になりがちな今のキャンドル業界で、今さらマーブルの話なんてしてもなんも響かないかもしれないけど、一般的に出回ってる技法を追求することも大切だと思うんです。

インストラクターをやってるなら尚更だ。

誰もが知ってる技法だからって、それ以上追求しなくてもいいって理由にはならないですよね。

マーブルに限らず、出回ってる技法を追求する過程に新しい発見があったりすると思うんだ。

小さいことだと思うんです。例えば↑こんなん気にならないといえばならないですしね。

とはいえ、こういうのが気にならなくなったら終わりだと思ってます。

なぜなら、僕は自称プロだから。

自称でも、お金をいただいてる以上プロなんです。

人それぞれ楽しみ方や広め方、追求の仕方は違うと思うけど、やはり僕は確かな技術と知識を伝えていきたいし、それを追求していきたい。

基礎レベルがズバ抜けて高いインストラクターになりたい。

それではまた明日。

JCA Candle Artist/Kenichi Omori

「創る。灯す。魅せる。伝える。」 2016〜2019 Candle Atelier Orange 代表講師 2019〜 JCA キャンドルスタジオ大阪校責任者 JCA 西日本エリアマネージャー JCA 特別技術顧問

0コメント

  • 1000 / 1000